高齢の不妊は正しい治療で改善|晩婚化の問題を解消!回り道しないための正確な決断

晩婚化の問題

赤ん坊

女性の出産年齢

晩婚化に伴い、女性の出産年齢が年々上がってきています。高齢になればそれだけ不妊率も高まるという事を頭に入れておきましょう。高齢になってから妊娠を望む人が増えたということもあり、毎年不妊治療を行う人も増加しています。男性に比べて女性は子供を作ることが出来る年齢が限られています。不妊治療を受けても一度で妊娠できる可能性は少ないと言って良いでしょう。特に卵子の質が低下してくると受精したとしても着床する可能性は低くなります。また、着床したとしても流産率が高まってしまうのです。高齢の妊娠や出産はリスクばかり取り上げられがちですが、高齢だからと言って出産出来ない訳ではありません。個人差があると言って良いでしょう。

治療に掛かるお金

不妊治療を受けたいけれども治療費が掛かるから受ける勇気がないという方もいるかもしれません。実は治療内容によっては保険が適応されることもありますから、まずは専門機関へ行き相談することをオススメします。不妊治療の中でも一般不妊治療とされているタイミング法やホルモン療法、そして排卵誘発剤などは保険が適応されるケースがありますから、治療費を抑えることが出来ます。人工授精からは全額実費になりますから注意しましょう。全額実費だとしても年収や状況に応じて自治体から助成金がもらえることもありますので、自分が適応しているかどうかをまず調べてください。妊娠するまでに不妊治療に終わりはありませんから、期間を決めて行ったほうが良いでしょう。